鎌倉 三留商店 日々の便り

mitomeshop.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梶田商店より、天然醤油巽晃、新商品です。

こんにちは!

今日の鎌倉は台風一過のような夏晴れ!熱いです!

昨夜、アド街で由比ヶ浜特集でした。

あの店、この店、よーく知ってるとこ、新しい店と

ワクワクしながら見てました。隣の町ですが魅力的なとこですね。

そのせいか、今日も鎌倉はにぎわってます。

さて、愛媛県大洲の梶田商品より、

巽晃(TATSUMI HIKARI)が新入荷してきました!

以前の濃口、うすくちの良いとこ取り!香りがイイ!

こだわりの、こだわりがラベルにも表れてま〜す!
a0233202_15201412.jpg

300ml 800円
by akiyo1641 | 2016-06-26 15:20 | 商品・店の様子

葉山道の駅

葉山道の駅、本日だけのプレオープン。

9月から正式にオープンします♪

葉山ファンファインズの商品とともに販売させていただきした。

逗葉新道入り口近くです。 お時間のある方はぜひ!

葉山、逗子の特産品が勢揃いしてます。
a0233202_14254084.jpg

a0233202_14254094.jpg

a0233202_14254021.jpg

by akiyo1641 | 2016-06-25 14:25 | 商品・店の様子

ヨコ井の飲むお酢

こんにちは、今日は梅雨の晴れ間に当店店頭にてヨコ井の飲むお酢の試飲販売をさせていただきました。
a0233202_17255714.jpg

試飲販売は本日限りですが、店内にはゆずジンジャーりんご酢カシス&黒酢(ヒアルロン酸入り)、期間限定マンゴー&黒酢、赤のブドウ酢と飲むお酢各種お取り扱いしております。
a0233202_1725575.jpg

これからの季節はお酢と炭酸を1:4の割合で合わせていただくのは勿論、お酢とお水を1:2の割合+ゼラチンでゼリーも出来ます。
また、お酢:牛乳を1:4の割合で混ぜていただくと、飲むヨーグルトのような食感になるそうです!
お酒をお飲みになる方はお酢:焼酎:炭酸を1:1:4で美味しいお酢のサワーが出来上がります。
お酢の摂取目安は一日15cc(大さじ1杯)と言われていますので、ヨコ井の飲むお酢は無理なく美味しく必要量とれます。これからの暑い夏を乗り切りましょう!!
a0233202_17255738.jpg

by akiyo1641 | 2016-06-11 17:25 | 商品・店の様子

かながわ屋

こんにちは!

昨日、横浜、山下公園前のシルクセンターに行ってきました。

はじめてパスポートをとりに行った時は

正面玄関に海外のめずらしいお菓子やお酒、きらびやかな宝石、シルク地の洋服などが

飾られて、ここはもう外国だ!とウキウキした思い出があります。

その同じシルクセンターですが、正面玄関ではなくヨコに「かながわ屋」があり、

神奈川県の物産が販売されています。

入口あるブロッコリーの新鮮さと大きさに買い物スイッチが入ります。笑
a0233202_17413924.jpg

鎌倉カレービーフを4月から販売してもらってますが、大好評!

昨日も納品とスタッフへの挨拶をしてきました。
a0233202_1747338.jpg

また、当店でも取り扱っている葉山のファンファインズのクッキングソースも売っていました。

これまた、近くに住むセレブなマダムたちにも大好評だそうです。
a0233202_17413990.jpg

いろんな神奈川の食材を扱っている「かながわ屋」けっこうイイですよ~♪
by akiyo1641 | 2016-06-08 17:41 | 商品・店の様子

今日は梅の日!

今日から6月!梅雨入り突入まで秒読みですね。

6月6には梅の日です!

梅雨にも「梅」の字があるくらい6月は梅の旬の時期

三留商店にも

かまくら梅サイダー、鎌倉梅酒、鎌倉梅ワインがございます!

そしてこれから暑くなってきますから、熱中症に注意です!
中田食品さんの梅干し田舎漬けもご用意あります!熱中症対策にどうぞご活用ください!

a0233202_17113112.jpg

古来よりお中元の先がけは6月6日の「梅の日」からと言われています。460余年(1545年)前の6月6日、時の天皇が京都「葵祭」で有名な賀茂神社に詣で、梅を奉納して祈ったところ、たちまち雷鳴とともに雨が降り始め、五穀豊穣をもたらしました。人々はその天恵の雨を「梅雨」とよび、梅に感謝すると共に、災いや疫病を除き、福を招く梅を「梅法師」と呼んで贈り物にするようになったと言われています。〈宮中日記「御湯殿 上の日記」〉

 このように薬膳としても貴重な梅は、宮中での天皇や上司に贈り物として地元の賀茂なすと共に献上され、お中元の品として重宝されたと言われています。やがて江戸時代に入り、庶民にも梅干が親しまれて今日を迎えています。その故事にちなみ、日本一の梅の産地・紀州梅の会では、6月6日を「梅の日」と制定し、毎年宮中とご縁のある賀茂神社に、そして世界遺産の地、熊野本宮大社をはじめ地元須賀神社に人々の無病息災と平穏を祈願して梅を献上し、さらには10月10日、豊穣を祝って梅干を奉納しております。
日本人のおもてなしの原点ともいえるお中元は梅からはじまります
by akiyo1641 | 2016-06-01 17:11 | 商品・店の様子